治験ボランティア おすすめ

治験ボランティア サイトランキング|治験のバイト探しに役立つ大手の治験紹介サイト

治験ボランティアは、いわゆる有償のボランティアです。ですので社会貢献にもなりますし、収入を得ることができるアルバイトにもなります。

 

治験は一般的なアルバイトとは異なり、モニター・ボランティアという位置付けとなっていますので、バイト求人情報には掲載されません。
治験ボランティアに支払われる報酬に関しても給料というものではなく、協力費や負担軽減費といった形で支払われます。

 

そんな治験のバイトは報酬自体が高額で、魅力的ですが、治験情報が見つけられない、どの治験が安心なのか?とい疑問や不安があるかと思います。

 

ここではそんな短期間で高額の報酬を期待できる治験のバイト・多数の求人募集を案内している治験ボランティアをご紹介しています。

 

以下の3つの治験ボランティアは知名度・信頼度ともに高いところですので、ぜひ参考にしてください。

 

安心して利用できる おすすめの治験ボランティア

 

こちらで紹介しているサイトは登録や会員費なども無料で利用できるサイトとなっています。治験に10年以上関わっている会社や業界トップクラスの案件数を持ちます。

 

運営元も大手ですので安心して利用することができ、初めての治験バイトを考えている方でも自分に適した治験情報を見つけることができます。

 

あなたの希望にピッタリ合った稼げる治験ボランティアを探したい方は複数のサイトに登録して求人数をたくさんチェックしてみてください。 登録は無料ですし、登録するのに手間もかかりません。

 

「JCVN」治験無料登録

jcvn
協力費・謝礼金がもらえる治験ボランティア兼バイトです。2泊3日の宿泊治験なら報酬は15万〜貰えます

 

病気をお持ちでない健康な方・治療までする必要はない予備軍な方・治療が必要な方が参加することができます。 無料会員登録しておけば、最新の治験情報をメールで受け取ることができます。

 

jcvn

 

「治験情報V-NET」無料会員登録

vnet
「入院2泊3日×2回試験=8万円〜です。

 

健康体な男性・女性を募集しています。その他、高血圧・糖尿病・喘息・閉経後の女性・高コレステロール・尿のトラブル・うつ・65歳以上の高齢者の治験参加募集など様々な世代の募集がありますのでご確認ください。

 

>>健康体な男性・女性の治験ボランティアはこちら

 

>>高血圧・糖尿病・喘息・高コレステロール・尿のトラブル・うつなどの疾患をお持ちの方の治験ボランティアはこちら

 

vnet

 

「ニューイング」無料会員登録

comcom
ニューイングは、15年の実績でみなさんの不安や疑問にも親切丁寧に対応しています。

 

健康な20歳〜35歳の男性には入院試験多数ご案内。(学生・フリーター大歓迎)。

 

生活習慣病やガンやアレルギーなどなどあらゆる疾患をお持ちの方に、ご協力いただく必要がある臨床研究・臨床試験・治験が多数あります。会員登録いただきニューイングからの情報をお待ちください。

 

comcom

 

※注意事項※ 上記のサイトにご登録されても、治験を受けなければいけない、なんてことは一切ありません。 複数のサイトに無料登録をしておいて、まずは多くの治験情報を集め、その中で自分に合った案件を選んで参加する、というのが効率的に収入を得るポイントです。

治験の目的

治験ボランティアとは

 

治験とは、一体何のためにあるのかご存じですしょうか?

 

一つのお薬が誕生してくるには、様々なデータをとるために長期間の研究が必要となります。お薬の開発はそんなに簡単なのではないんですね。

 

医療機関や医薬品メーカーは新薬を開発するために日々研究・試験を繰り返しています。お薬を開発していく過程では、細胞を培養したり、動物での様々なテストを繰り返しながら、安全と有効性を確かめ評価していきます。

 

そしてある程度データが揃ってきたら、ヒトを対象として開発してきたお薬を投与します。ヒトで有効性を評価する試験治験といいます。

 

治験を繰り返す中、効果・安全性が確認されたものが、厚生労働省に認められ、お薬として認可されます。その試験に参加されている方を治験ボランティアといいます。

 

治験ボランティアとは、自らの意思で参加するボランティアですが、参加するにあたり協力費、負担軽減費として謝礼が発生します。日帰りであったり、施設に宿泊しながら行う場合もあります。

 

治験は、お薬の効果、安全性を調べるため健康な身体の健常者、そして病気にかかっているヒトに対して行っていきますので、参加される方は社会に貢献しているといえます。

 

治験ボランティアのメリット

 

何らかの病気、疾患にかかっている方は、効果の期待できる新薬(治験薬)の治療を受けることができる。

 

負担軽減費として一回の通院に対し、一万円前後の謝礼金が支払われる。

実施される試験ごとに規定の謝礼金が支払われます。その謝礼金は、厳密には治験参加に対する負担軽減費として支払われています。

 

治験に先立って行われる健康診断、検診を受診することで、健康状態がわかり、健康管理についてのアドバイスを受けることができる。

 

新薬を開発することができれば、病気で悩まれている多くの人を助けることができます。その過程に協力するという社会貢献ができます。

 

治験ボランティアの収入ってどのくらい?

 

治験ボランティアには通院タイプと、入院タイプがあります。通院の方が、拘束される時間が少ないので、当然謝礼も少なくなります。

 

泊まりの場合は、謝礼が多めにもらえるので、時間的に余裕があるのであれば宿泊を選ぶのも一つです。

 

謝礼は、仕事が終わったタイミングで受け取ることができます。治験が終わったらすぐに謝礼を受け取ることができるのは、私たちにとってはよいことだと思います。

 

金額的には、一つの目安ですが、通院という形では1日1万円、入院は1日1.5〜2万円ほどです。

 

もちろん報酬は、募集される案件によって異なりますが、他のアルバイトなどと比較すると、高額な報酬が設定されています。

 

治験の期間は、「通院のみ日帰り」、「数日間の入院を4回繰り返す」、「数日入院して、その後は通院」など様々なパターンがあります。

 

試験をする際に摂取する薬の種類によっても、治験報酬が異なりますので、その都度確認してください。

 

例えば、2泊3日で、入院しながら行う治験は、70000〜150000円の報酬になります。治験内容によっても協力費に幅があります。一般的には拘束時間が長ければ長いほど報酬は高めになります。

 

それと、治験ボランティアで得た収入は、日本では非課税となっているので、所得税がかかりません。この点はメリットです。

 

高額の治験ボランティアが何故、人気が高いのかというと数十万円の報酬に対しても非課税だからなのです。

 

何日も拘束されますので、そのくらいの報酬を受け取るのは当たり前と、わたし個人としては思っています。

 

治験ボランティア募集の方法・流れ

 

治験ボランティアに参加するための方法ですが、インターネットで仮会員登録して情報を入手すると、あなたに合った治験が見つかりやすいです。このサイトでも紹介していますが、JCVN治験ボランティアは、大手の治験サイトなのでおすすめです。

 

JCVNは、治験に説明会を定期的に開催しており、治験を受けるのが初めてで不安な方に対して詳しく説明があります。その後、疑問点にも丁寧に答えてくれます。治験専門スタッフに直接相談できるので、不安な方でも安心です。

 

中には怪しい治験団体もあり、入会金などの会費を請求してくるところもありますので注意が必要です。そういうこともあって、初めて治験に参加しようと考えている方は、大手の治験募集サイトを利用するほうが変なトラブルもなく賢明です。

 

応募後は、気になる治験プログラムの説明会に参加します。治験説明会に参加して、治験の内容、治験の流れや安全性など詳細に説明があります。説明を聞いて、納得できたら登録を行っていただきます。

 

登録すると会員専用のサイトにログインできるようになります。そのサイトで、参加したい治験ボランティアを見つけ申し込みを行います。そうすると向こうから連絡があり、健康診断の日程、詳細を確認していきます。

 

治験の内容によっては、酒、たばこ、などを避けなければならない場合もあり、そういった注意事項もメールでしっかり伝えてくれますので、事前準備も行って実際の治験を受けます。治験後には、規定の謝礼金が支払われます。

 

治験バイトに参加できる人・できない人の基準!

 

短期間で高額な報酬を得ることのできる、治験ボランティアですが参加にはいくつかの条件があります。

 

治験に参加する人で、一番多いのが「健康な人」いわゆる「健常者」です。以下の項目のいずれかに該当する場合、健常者治験に参加することができません。

 

4ヶ月以内に他の治験に参加したり、3〜4ヶ月以内に献血をしている場合は、治験ボランティアに参加することができません。また、現在、何かの病気で治療中だったり、心臓、肝臓、肺や血液などに既往歴がある場合にも参加することができません。

 

そのほかにも、以下をチェックして確認してください。

 

・胃や腸などの消火器系の手術の既往歴がある。
・うつなどの精神的疾患に罹っている。
・喘息、アレルギー疾患に罹っている。
・何らかの感染症で陽性結果が出ている
・食物や薬物にアレルギーがある
・アルコールや薬物に依存している

 

一つでも当てはまる場合は、健常者対象の治験には参加することができません。

 

このような基準を事前に知っておくことで、不必要な登録をすることを防ぐことができます。上記は、健常者に対しての基準であり、特定の疾患や病気を対象とした治験ボランティアもありますので、定期的に治験情報を調べておくことです。

治験ボランティア!新薬試験のリスクはどの程度?

新薬試験のリスクは?

治験で使用されるお薬は、基本的に海外で認可されている薬が多いです。そのお薬を、日本で認可するために、日本人にも効果があるのかどうかを試すということですので、薬害によるリスクは最小限といえます。

 

また日本においてもジェネリック薬も増えており、そのための治験も頻繁に行われています。ジェネリックは現在市販されている薬の成分と同じですので、リスクはほとんどありません。

 

ただし治験とは、薬を身体に入れてテストしていきますので、副作用がないというわけではありません。風邪薬であっても、「飲むと眠くなる」、「お腹が張る」などの症状は経験されている方が多いと思います。薬ですから、何らかの副作用は併せ持っていますので、その点は理解しておいた方がよいです。

 

また治験の目的の一つは、副作用を見つけることでもあります。ですので、身体が何かいつもと違うなと思ったときには、必ず報告して、それに対する処置をしてもらいます。そうすることで、その症状も最小限に抑えることができます。

 

治験に入る前には、その薬の内容、効果、副作用について説明がありますので、必ず確認してください。説明を聞いて、本人が理解、納得した上で治験が行われます。

 

もし副作用が起こった場合は、どうなるのか?

 

副作用が起こった場合は、持っている病気と、お薬の因果関係を考え、因果関係があれば保証が支払われます。保証についても事前説明を受けてに確認しておくことです。

 

治験ボランティアで一番気になる副作用の面ですが、実際にはそのリスクは低いということ、それと万が一何かあっても補償制度がしっかりしていることを理解していただければと思います。